原稿読みは、何処を見ている?

面接に残ると、エントリーシートに沿った質問と原稿読みがあります。今回は、原稿読みの対策です。

結論から言うと、顔の表情、内容を理解して伝えようとしているか、声の大きさ、アクセント、鼻濁音、母音の無声化を見ています。近道は、毎日の発声練習と滑舌例文の練習。毎日習慣にするといいです。私も「実践」しています。野球選手のランニング、一千回の素振り、一千本ノックに相当しますね。私は、ラジオニュースを聞き、ニュースのリズムを身につけました。もう「60年間」やっています。英語のシャワーと同じ、ニュースのシャワーをやることです。

ニュース原稿を一千回読むと難問解決、すべてが分かります。大手の専門学校では、人数も多く、細かい弱点指導が出来ていないのが現状の様です。結局、自分でやるしかないのです。そして、プロアナに聞いて頂き、直していくのがベストです。山本勉強会では、いい教材を完璧に覚えて貰っています。これが、財産になり武器になるのです。この身体で覚えたことが、試験会場で「発揮」出来るのです。勿論、プロに成っても使えます。

山本勉強会主宰 山本 勇