和泉義治 (ラジオ福島 平成17年都留文科大学卒業 18年入社)

 「今からでも大丈夫!山本と一緒に戦いましょう。」先生が、私に初めてかけて下さった言葉です。既卒者で、基礎も全くできていなかった私は、山本勉強会がなかったら、アナウンサーにはなれませんでした。勉強会との出会いは、私の人生のターニングポイントです。

 私の師匠、山本先生は、父のように本気で叱ってくれて、また本気で悩んでくれます。その上、兄のように砕けた楽しい話をしてくれます。夜遅くまで酒を交わし、会話をしていることが、自己分析や自己PRに繋がっていることに気が付いた時は、先生の大きさに驚きました。

 若林先生は、何度も私の意思の弱さ、覚悟の足り無さを指摘して下さいました。6時間の個人特訓を通じて、私のアナウンサーになりたいという夢は、叶えなければ満足のいかない野望に変わりました。

 そして、仲間たちはライバルです。共に学んでいる仲間たちに勝たなければ内定はない。少しでも早く追いつき、追い抜かなければならない。良きライバルがいることは、自分の基準になります。それでいて、私の内定を誰よりも喜んでくれたのも仲間たちです。ライバルであり心の支えです。

 ここまで素晴らしい環境は他にありません。もしもアナタが本気ならば。もしも心からぶつかる覚悟があるならば。ぜひ、門を叩いてみてください。この出会いを逃したら、本当にもったいないですよ。私もできる限りの力になります!

 さぁ、一緒に戦いましょう!