小嶋健太 (静岡放送・平成22年 専修大学卒業)

 怒られ続けた2年8か月間、私は、山本勉強会に入ってから数えきれないほど怒られました。アナウンスの事は、もちろんですが、それ以外の部分で怒って頂きました。

 それは、報告、連絡、相談のホウレンソウ。時間管理、健康管理、挨拶、自己啓発についてのものです。連絡が遅れると、「なんで連絡しないんだ!」。相談をせず一人で悩んでいると、「なぜ相談しない!」など、本気で怒ってくれます。私は、山本先生、若林先生に叱って頂けなければ、内定を頂く事はできませんでした。それに、人間として成長することもできませんでした。

怒るのにはエネルギーがいります。それでも、山本先生、若林先生は、本気で生徒と向き合って怒ってくれます。大学生になってここまで怒ってくる方はいません。これは本当に幸せな事です。もちろん、山本先生、若林先生は優しい方です。

 山本先生は、最終試験の前で不安でいる私に、「大丈夫」と声を懸けてくれました。たった3文字の言葉なのに、あんなに安心できたのは初めてでした。若林先生は、私にとって初めての最終試験で、「骨を埋めます」と言えなかったと電話で伝えると「なんで言えないんだ、馬鹿者!!」と怒りました。でも、その後すぐに電話が掛かってきて、「お疲れさま。あとは酒でも飲みながら待とう。」と言ってくれ、一緒にお酒を飲んでくれました。山本先生、若林先生は、アメとムチがうまいんです。本当に感謝しています。

 山本勉強会には、全国に先輩方がいらっしゃいます。私も何度もお酒、ご飯をごちそうになりました。学生の力になってくださいます。そして同じ夢を持った仲間がいます。一緒に勉強して、一緒にバカやって、一緒に悩んでくれる同士がいます。私にとって一生の宝物です。あなたも、ここ山本勉強会で夢を語り、夢を叶えましょう。