大津瑛寛(エフエム群馬・平成30年・専修大学・土日コース&専修)

私が山本先生と初めてお会いしたのは、大学のアナウンサー講座の説明会でした。
この時は「俺なんかアナウンサーにはなれない。夢のまた夢だ。
アナウンサーになれるような人は最初から決まっている。」と悲観していました。

しかし、講座の面接の最後に「私についてきて下さい。革命を起こしましょう。」と
先生に声を掛けていただき「絶対にアナウンサーになる!」と決意する事が出来ました。
山本先生との出会いが無ければ、夢を夢のままで終わらせ、アナウンサーを目指す事は無かったと思います。
 
私は3年生の4月からお世話になったのですが、すぐにキー局のインターンが始まりました。
先生は、自己PRも志望動機も書けない、写真も選べていない、甘ったれている私を厳しく指導してくれました。
エントリーシートの書き方が分からず、白紙のまま相談に行った時も、丁寧に指導して下さいました。

 
面接に落ち、なかなか内定が出ない時は「無駄な事は一つもありません。
全て内定に繋がっています。あと一歩。」と叱咤激励のメールや電話を下さり、本当に心の支えになりました。
また、アナウンス技術だけではなく、社会人としてのマナーも教えていただきました。
 
勉強会には一緒に戦う仲間、応援して下さる全国のOB・OGの方々がいます。
そして、本気で向き合ってくれる先生がいます。皆さんにも、本気でアナウンサーを目指して欲しいです。