時任伸一(ケーブルメディアワイワイ・平成30年・創価大学・土日&月コース)

合格体験記 山本先生
2018年4月から、地元宮崎のケーブルテレビ局で働き始めます。
アナウンサーという夢への第一歩を踏み出すことが出来たのは、
山本先生の、日々のご指導と激励のおかげ様です。
本当にありがとうございました。
 
私が山本勉強会で勉強を始めたのは、3年時の12月でした。
就活解禁前に帰省をしようとした自分に
「そんな甘い考えのやつに時間を割いている暇はない」と
檄を飛ばしてくださいました。そこから、就職活動に対する姿勢は変わりました。
アナ職だけではなく、一般職・総合職の選考にも挑戦しました。
年末年始帰省を諦めた私を、年明けに浅草に連れて行ってくださった
先生の優しさにも本当に感謝しております。
 
就職活動が本格化する中、全国行脚の交通費がかさみ、金銭的に苦しいこともありました。
そんな中、先生はお米などの差し入れや、すし屋で励ましてくださり、
パワーを付けて就活に臨むことが出来ました。

 
「もう一歩なんだから、挑戦しなさい。」
 
この言葉があったから、私は今の内定先を勝ち取ることが出来ました。
70社近くエントリーをし、内定をもらえないまま教育実習に行った4年生の6月。
地元宮崎で最終面接まで進んだテレビ局も不採用の結果でした。
教育実習を終えて、帰京。「地元宮崎でも不採用だったんだから、もう駄目だ。教員になろう。」
という考えで向かった山本勉強会。
勉強会のあと、先生は私をすし屋に連れて行ってくださいました。
そこで、先生は、「最終まで行ったということは、あと少しで内定だ。
今出ているケーブルテレビ局に挑戦しなさい。」と言ってくださいました。
この一社、全力で挑戦しよう。書類が通り、面接ではこれまでの先生のご指導を思い返して、
全てを出し切ることができました。
先生の一言が、夢から逃げ出そうとしていた自分を立ち直らせてくれました。
先生のご指導のおかげで今があります。本当にありがとうございました。
先生がいつもおっしゃっている「人生は楽しんだもん勝ち」。
これを体現できるよう、楽しみながら一人前のアナウンサー目指して精進します。