2018年3月卒業生:宮崎で奮闘しています!

みなさんこんにちは!

2018年3月に山本勉強会を卒業した時任伸一です!

現在宮崎県延岡市のCATV ケーブルメディアワイワイ制作局で、働いています!

私は、番組制作全般に携わっています。

例えば、取材のアポ取りから始まり、

記者としてインタビューや原稿書き、リポーターやナレーション、

編集、カメラマンも務めています。

10月にはMCデビューもしました。

クラブ活動を紹介するコーナーや特集の企画・構成もしています。

収録の際には、ミキサーやフロアディレクターもできるんですよ!

それだけ、覚えることや技術を磨くことも多く、先輩社員からアドバイスを頂きながら、日々奮闘しています!

↓ケーブルエリアの県北地域は神話の町です。

この写真はホオリノミコト(山幸彦)生誕の地延岡市祝子地区のパワースポットを

取材したときのものです!リポーターを務めました!

↓延岡市伝統のイベント「天下一薪能」の収録の際にカメラマンを務めました!

緊張しました!!

このように、番組制作に関する様々な業務に携われて、

とても充実した毎日を過ごしています。

 

もともとアナウンサーを志して就職活動をしていた私は、

入社当初、他の業務よりMCやリポーターをしたいと思っていましたが、

カメラマンや編集業務など幅広く経験する中で、話す仕事にもつながる

たくさんの学びがあることに気が付きました。

一つ挙げるとすると、「MCのナレーション」が全てを決めるという学びです。

番組ができるまで、取材、編集、収録という過程を経ますが、

日々のニュースなどでは最後にナレーションをいれます。

どういう雰囲気で、どのように読むか、この最後の読みで

ニュース一本一本が伝える情報が決まります。

「読む・話す」というお仕事がどれほど大変で難しいかを学びました。

アナウンサーは、英語ではアンカーであるという話を聞いたことがあります。

リレーにおいてアンカーは、最後に走る人。

番組制作に携わる人の想いを、最後に視聴者に届けるのがアンカーである

アナウンサーの仕事であるという話を身をもって実感しました。

 

一時はアナウンサーという夢を諦めかけた自分を立ち直らせてくださった山本先生には

本当に感謝しております。

先生に教えて頂いた「生き方」を胸にさらに成長していきたいと思います!

山本勉強会で夢に向かって頑張っているみなさんにも、

山本先生のもとで夢を叶えてほしいです。

宮崎の地から応援しています。ファイト!!

それではまたどこかで!宮崎を訪れる際はご案内します!!

株式会社ケーブルメディアワイワイ 時任伸一