大木瞳美 (高知放送 平成19年埼玉大学卒業)

 『共に戦いましょう』これは、私が初めて山本先生とお話した時に掛けて頂いた言葉です。

 大学4年の秋、就職活動が終盤を迎えたこの時期に、私は一つも内定をもらえずにいました。数はこなせど、思うように進まない試験・・・。焦りと不安に押し潰され、一人きりの孤独な戦いは限界でした。

 そんな中、初めて出会った先生からこの言葉を掛けて頂いたのです。本当に心がほっとして、目頭が熱くなったのを覚えています。

 結論から先に言います。「山本先生ほど本気で生徒と向き合ってくれる人はいません!」他のスクールに通った経験のある私だからこそ、そう強く感じるのでしょう。

 いつでも本気で話を聴いてくれ、時には厳しく叱ってくれます。結論は早く、自分に向き合うことを面倒くさがらない、「ほうれんそう」はしっかり・・・。両親や友達以上に自分を見てくれ、指摘してくれていると感じることもありました。アナウンスの基礎はもちろん、人間としても成長させてもらえました。今の私があるのは、山本先生のおかげなのです。

 そして、真剣に話ができ、喜びを分かち合ってくれる勉強会の仲間は、かけがえのない存在です。

 私は、本気でアナウンサーを目指す気持ちのある人に、この勉強会に来て欲しいです。気持ちが強い人ほど、勉強会で力がついてゆくのを実感できるはずです。また、大学生ならばできるだけ早くに通うことを切実にお薦めします。私は今でも、就活前のもっと早くに勉強会と出会いたかったと感じます。

 就職活動は、孤独な自分との闘いです。しかし、山本先生は『共に戦って』くれます!アナウンサーへの思いが本物ならば、挫ける前に勉強会を参加してみて下さい。